ブログ

箱根駅伝2021 東海大学のチームエントリー16人を予想!

 

箱根駅伝2021のチームエントリー16人を予想してみました!

 

今回は東海大学です。

昨年は最強世代での連覇が期待されましたが、復路優勝するので精一杯でした。

今年は選手層は薄くなりましたが、4年生3本柱を中心に核となる戦手は揃っており、往路優勝の可能性は十分高いと見ています。

過去の実績やトラック・ロードの持ちタイムを参考に予想してみました!

 

東海大学 チームエントリー予想

確実

 塩澤 稀夕(4)

 名取 燎太(4)

 西田 壮志(4)

 市村 朋樹(3)

 長田 駿佑(3)

 本間 敬大(3)

 竹村 拓真(2)

 濱地 進之介(2)

 石原 翔太郎(1)

 佐伯 陽生(1)

 

まず4年生3本柱の塩澤・名取・西田選手は言うまでもありません。

全日本大学駅伝出走組の長田・本間・石原・佐伯選手も間違いなく入ってくると思います。

また、全日本大学駅伝で凡走となってしまった市村選手ですが、本戦では6区候補ということもあり、外せないと思います。

さらに竹村選手は昨年の5区補欠で、今年もエントリーは確実。濱地選手は今年10000m28分台を記録していることから、調子も良いため入ってくるでしょう。

 

有力

 佐藤 俊輔(2)

 喜早 駿介(1)

 

全日本大学駅伝では補欠だった佐藤・喜早選手ですが、佐藤選手は今年5000m13分台を記録した調子の良さ、喜早選手は1年生ながらロードに強いことからエントリーの可能性は高いでしょう。ただ長い距離への適応が分からないため、有力としておきます。

 

当落線上

 鈴木 雄大(4)

 米田 智哉(4)

 松崎 健悟(3)

 吉冨 裕太(3)

 川上 勇士(2)

 松崎 咲人(2)

 入田 優希(1)

 神薗 竜馬(1)

 松尾 昂来(1)

 吉井 来斗(1)

 

確実・有力で12人で、残り4人を考えていきますが、まずは松崎咲人選手。昨年は箱根7区で好成績を残し、今年も本来ならエントリー間違いなしなのですが、全日本大学駅伝時点では故障中との状況。故障の度合い次第で16人に入るかも決まるでしょう。

次にハーフマラソン3分台前半の自己ベストを持つ鈴木・米田選手。2人とも昨年の箱根駅伝エントリーメンバーで、実績からすると有力なのですが、今年の記録会出走がありません。ケガなのか箱根駅伝一本なのかが分かりませんが、本来ならエントリー有力です。

もう一人は川上選手を挙げます。5000mで自己ベストを更新し、10000m28分台の自己ベストを持っています。ただロードの実績がなく、ハーフマラソンの持ちタイムが良くないのがどう出るか。長い距離に不安があるなら勢いのある1年生に賭ける可能性もあります。

ここまで挙げてきた選手が間に合わなければ、入田・神薗選手ら1年生のエントリーが有力です。また、市村選手以外で山下りの6区タイプが入ってくるかと思います。

-ブログ
-

© 2022 ランサーチ