ブログ

箱根駅伝2021 神奈川大学のチームエントリー16人を予想!

 

箱根駅伝2021のチームエントリー16人を予想してみました!

 

今回は神奈川大学です。

箱根予選会では盤石の結果を残すものの、本戦では何かが上手くいかず、昨年は2区で大きく出遅れてしまいました。

今年も予選会4位通過と危なげなし。特に1年生の活躍が大きく、将来に向けて期待はあります。

過去の実績やトラック・ロードの持ちタイムを参考に予想してみました!

 

神奈川大学 チームエントリー予想

確実

 井手 孝一(4)

 小笠原 峰士(4)

 川口 慧(3)

 西方 大珠(3)

 呑村 大樹(3)

 安田 響(3)

 横澤 清己(3)

 鈴木 玲央(2)

 宇津野 篤(1)

 佐々木 亮輔(1)

 高橋 銀河(1)

 

箱根予選会通過に貢献した井手・小笠原・川口・西方・呑村・横澤・鈴木・宇津野・佐々木・高橋銀選手はエントリーされるでしょう。特に1年生宇津野・佐々木・高橋銀河選手は本戦デビューの期待が高くあります。

箱根予選会では結果が良くなかったものの、昨年8区を走った安田選手は経験者としてエントリー濃厚でしょう。

 

有力

 落合 葵斗(3)

 古市 祐太(2)

 島崎 昇汰(2)

 

箱根予選会にはエントリーされなかった落合・島崎選手ですが、11月の記録会で10000m29分0台の好記録を残したことからエントリーされる可能性は高そうです。本戦のエントリー争いも繰り広げてほしいところです。

また箱根予選会ではチーム11番目だった古市選手もタイムは悪くなかったので、エントリーはされそうです。

 

当落線上

 北﨑 拓矢(4)

 原塚 友貴(4)

 平塚 翔太(4)

 高橋 祐哉(3)

 國本 大生(1)

 小林 政澄(1)

 

残り2人を考えていきますが、まずは昨年2区を走った北﨑選手。昨年は結果を出せず、故障で箱根予選会のエントリーを外れていたとはいえ、復路で走ってほしい選手。エントリーできるならしたいところですが、レースに出ていないところをみると厳しい状況でしょう。

そうなると、上級生の原塚・平塚選手が有力でしょうか。長い距離に適応した上級生を優先的にエントリーする傾向があるため、1年生の國本・小林選手より可能性は高そうです。とはいえ、小林選手の調子が良いので個人的にはエントリーしてみたいんですが、大後監督はどう考えるでしょうか。

5区は井手選手で目途が立っているので、1・2区で出遅れないよう調整したいところです。

-ブログ
-

© 2022 ランサーチ