ブログ

箱根駅伝2021 国士舘大学のチームエントリー16人を予想!

 

箱根駅伝2021のチームエントリー16人を予想してみました!

 

今回は国士舘大学です。

昨年は箱根駅伝本戦で久々にアンカーまで母校の襷をつなぎ切ることができました。

今年はさらに上の結果を目指したいところで予選会は5位通過。1年生の山本選手など下級生に力がついてきました。

過去の実績やトラック・ロードの持ちタイムを参考に予想してみました!

 

国士舘大学 チームエントリー予想

確実

 曽根 雅文(4)

 荻原 陸斗(3)

 木榑 杏祐(3)

 清水 拓斗(3)

 長谷川 潤(3)

 ライモイ ヴィンセント(3)

 清水 悠雅(2)

 中西 真大(1)

 山本 龍神(1)

 

箱根予選会で好走したヴィンセント・曽根・木榑・清水拓・長谷川・清水悠・中西・山本選手は問題なくエントリーされるでしょう。日本人トップだった曽根選手は昨年6区でしたが、今年は往路でしょうか。

予選会は欠場したものの、その後トラックで自己ベストを更新した荻原選手も昨年1区を走ったこともあり、エントリーされるでしょう。

 

有力

 孝田 拓海(4)

 杉本 日向(4)

 三代 和弥(3)

 綱島 辰弥(2)

 福井 大夢(2)

 

箱根予選会に出場した残りの杉本・三代・綱島・福井選手ですが、予選会不参加組で調子の良い選手がそこそこいるとはいえ、ハーフマラソンの記録を残していることからエントリーされる可能性は高いでしょう。

昨年10区を走った孝田選手は10月の記録会に出場しており、これまでの実績からエントリーされそうです。

 

当落線上

 加藤 直人(4)

 金井 啓太(4)

 鈴木 大介(4)

 ポール ギトンガ(4)

 島村 広大(3)

 松前 龍希(2)

 遠入 剛(1)

 

残り2人を考えていきますが、これといった決め手に欠く感じで予想が難しい。山区間要員がいればその選手が優先的にエントリーされるでしょうが、そうでなければ島村・松前選手の可能性が高いか。2人とも直近のレースで10000m自己ベストを更新していることが決め手になるか

また、気になるのがギトンガ選手。入学直後はなかなか結果を残せずに苦労してきており、完全にヴィンセント選手の補欠となっていますが、最後の箱根駅伝はエントリーされるかどうか。一昨年はエントリーされ、昨年はエントリーされずときており、予想が難しいところ。しかし、日本人選手が育ってきたこと、ヴィンセント選手が怪我さえなければ間違いなく走ることから枠を使わないと予想しています。

なかなか本戦では結果を残せていないので、シード権を取れなくても15位以上にはそろそろ入りたいところです。

-ブログ
-

© 2022 ランサーチ