ブログ

箱根駅伝2021 城西大学のチームエントリー16人を予想!

 

箱根駅伝2021のチームエントリー16人を予想してみました!

 

今回は城西大学です。

昨年は、主力は上位校とも戦えるレベルでしたが、中間層以下が弱くまさかの箱根予選敗退でした。

今年は予選を3位で通過し、全日本大学駅伝は2区で首位に立ちましたが、結果は関東最下位だったため、中間層以下のレベルアップが不可欠でしょう。

過去の実績やトラック・ロードの持ちタイムを参考に予想してみました!

 

城西大学 チームエントリー予想

確実

 大里 凌央(4)

 梶川 由稀(4)

 菊地 駿弥(4)

 雲井 崚太(4)

 菅原 伊織(4)

 砂岡 拓磨(3)

 宮下 璃久(3)

 藤井 正斗(2)

 野村 颯斗(1)

 山本 樹(1)

 山本 唯翔(1)

 

箱根駅伝予選会で結果を残した梶川・菊地・雲井・菅原・砂岡・宮下・藤井・野村・山本樹・山本唯翔選手はエントリーされるでしょう。エース級の菊地・菅原・砂岡選手には本戦でも結果が求められます。

また、これまでの駅伝実績があり、全日本大学駅伝エントリーされていた大里選手も間違いなく入ってくるでしょう。

 

有力

 熊谷 奨(2)

 堀越 大地(1)

 山中 秀真(1)

 

箱根駅伝予選会でチーム11・12番手だった山中・堀越選手ですが、1年生であり、ハーフマラソンの記録も悪くないため外される可能性はあまりないでしょう。

熊谷選手は11月に10000mのセカンドベストを出しており、2年生が手薄なことから選ばれる確率は高い気がします。

 

当落線上

 貴田 勇斗(4)

 田部 雄作(4)

 野上 亮祐(4)

 石松 明(3)

 松尾 鴻雅(3)

 山下 空良(1)

 

確実・有力が14人で、残り2人ですが、過去の実績と持ちタイムなら松尾選手はまず選びたいところです。しかし、故障中なのか各大会にエントリーがなく。トラックのレースにも出ていないため、エントリーすら厳しいかもしれません。

松尾選手が厳しい中で他の調子の良い選手だと田部・石松選手が有力でしょう。1年生のエントリーが多いため、ボーダー上は上級生が有力かもしれません。

昨年箱根駅伝出場を逃したため、山区間など読めない部分も多いです。ただ1年生のエントリーが多くなることは間違いないと思います。

-ブログ
-

© 2022 ランサーチ