ブログ

日本学生ハーフ2021 結果速報

  2021年3月14日(日)に陸上自衛隊立川駐屯地内周回コースで第24回日本学生ハーフマラソン大会が開催されました。   リンク:日本学生陸上競技連合   男子ハーフマラソン 総合結果 順位 選手名 大学名 学年 タイム 優勝 鎌田 航生 法政大学 3 1:03:00 2位 鈴木 芽吹 駒澤大学 1 1:03:07 3位 島﨑 慎愛 國學院大學 3 1:03:08 4位 藤木 宏太 國學院大學 3 1:03:09 5位 小林 歩 駒澤大学 4 1:03:09 6位 伊豫田 ...

ReadMore

ブログ

全日本実業団ハーフマラソン2021 結果速報

  2021年2月14日(日)に山口県山口市で第49回全日本実業団ハーフマラソン大会が開催されました。   リンク:日本実業団陸上競技連合   男子ハーフマラソン 総合結果 順位 選手名 所属 タイム 優勝 ワンブイ NTT西日本 1:00:12 2位 市田 孝 旭化成 1:00:19 3位 キマニ コモディイイダ 1:00:30 4位 古賀 淳紫 安川電機 1:01:13 5位 野中 優志 大阪ガス 1:01:14 6位 細谷 恭平 黒崎播磨 1:01:16 7位 牟田 祐 ...

ReadMore

ブログ

【箱根駅伝2021】神奈川大学 ようやくはまった往路の戦い

  予選会最強の神奈川大学。言い方を変えれば、シード権をなかなか獲得できない神奈川大学。   シード権を獲得できない大きな理由は往路で大ブレーキがあることだ。スタートで出遅れることもあれば、エース対決で通用しないこともあれば、山上りで一気に順位を落とすこともある。そして復路でシード権争いができないことがほとんどだった。   それまでの反省を生かしてか、今年は往路に上級生の主力を全投入してきた。予選会では1年生の活躍が目立ったが、復路に回した。この戦略ははまった。1区にチーム予 ...

ReadMore

ブログ

【箱根駅伝2021】國學院大學 シード常連校に向かう育成の年

  昨年は出雲駅伝で優勝し、箱根駅伝では過去最高の3位に入った國學院大學。   浦野・土方・青木の三本柱が卒業した今年は育成の年といわれていた。キャプテンは3年生の木付選手に託し、来年の活躍を目指していた。 全日本大学駅伝は全員区間10位以内だったもののシードに惜しくも届かず9位。ただチームの選手層が上がったのは大きかった。   育成の年とはいえ、それでも今年の箱根駅伝の目標は昨年同様「3位以内」。Wエース藤木・中西大翔で稼ぎ、他選手で粘れば可能性はゼロではなかった。 &nb ...

ReadMore

ブログ

【箱根駅伝2021】日本体育大学 新監督で挑む4年生主体の箱根駅伝

  4年生が9人エントリーされた日本体育大学。   初出場から最長の73年連続出場の伝統校だが、近年は本領発揮といかない。その大きな要因は専任の監督不在だった。それでも今年は長野東高校で結果を残した玉城監督が7月に就任した。 箱根駅伝予選会は6位、全日本大学駅伝は12位とまずまずの結果だったが、伝統校はこれで満足しない。あくまでもシード権復帰を目指した。   作戦として1・2区に藤本・池田と主力を並べ、3~5区の往路は粘る。そして復路でシード権を維持することだった。1・2区は ...

ReadMore

ブログ

【箱根駅伝2021】城西大学 三本柱に次ぐ1年生の存在

  今年の城西大学は菊地・砂岡・菅原の三本柱で戦ってきた。   昨年はまさかの箱根駅伝予選敗退だったが、上位陣は本戦でも通用するレベルだった。今年は予選通過のために1年生を強化し、ハーフの距離に対応できるように強化してきた。実際、予選会には1年生5人が出走を果たした。三本柱で稼ぎ、その他選手が粘る作戦が功を奏し、見事3位で本戦出場を決めた。 その後の全日本大学駅伝では1区から砂岡→菊地→菅原と三本柱を序盤から投入した。コース変更後の全日本大学駅伝は後半の比重が高くなったが、お構いなしに ...

ReadMore

ブログ

【箱根駅伝2021】東京国際大学 連続シード獲得への挑戦

  昨年4回目の箱根駅伝挑戦で初めてシード権を獲得した東京国際大学。 今年は伊藤選手等の卒業もあり、連続シード獲得はかなり難題と思われていた。 実際全日本大学駅伝は10位で連続シード獲得はならなかった。芳賀選手等が故障でいなかったのも大きかっただろう。   箱根駅伝はチームエントリーから厳しい状況だった。全日本大学駅伝に出場した山谷・堀畑選手が外れることとなった。キャプテン中島選手もエントリーされず、芳賀選手がなんとかエントリーされたのが幸いだったくらいだ。   「1・2区で ...

ReadMore

ブログ

【箱根駅伝2021】拓殖大学 石川佳樹 キャプテンとしての意地

  留学生のイメージが強いが毎年日本人エースを輩出する拓殖大学。   今年の日本人エースは石川選手。1年から箱根駅伝7→4→5区で出場を果たしていた。そして今年はチームのキャプテンに就任した。 しかし、箱根駅伝予選会のメンバーに石川選手は入らなかった。夏に両足の故障をしていたからだ。そのため予選会は苦戦が予想されていたが、序盤から好位置につけたことが功を奏し、残り5kmで失速したがなんとか9位で通過を果たした。とはいえ、もしラジニ選手が帰国していなかったら予選通過していなかった可能性が ...

ReadMore

ブログ

【箱根駅伝2021】法政大学 エースとなった鎌田航生

  法政大学に新たなエースが誕生した。   昨年は佐藤・青木のWエースだったが、今年は誰がチームを引っ張るか注目されていた。逆に言えばエースがいない分チーム力でカバーしないと箱根駅伝本戦に出られるか怪しいとされていた。 その懸念は箱根駅伝予選会で露呈してしまう。稼げるエースがいなかったこともあり、10km終了時点では完全に予選敗退ラインだった。それでも後半上げる作戦が功を奏し、チーム力で8位通過となった。   昔から法政大学は予選会に弱く、本戦に強いタイプだ。予選会をギリギリ ...

ReadMore

ブログ

【箱根駅伝2021】山梨学院大学 留学生オニエゴの成長

  入学時、山梨学院大学史上最弱の留学生といっても過言ではなかった。   「ポール・オニエゴ」   ドミニク・ニャイロの後釜として入学してきたが、1年時の10000mはほぼ30分以上で、普通の日本人選手より弱かった。結局、1年時はニャイロ選手がいたこともあり、予選会や箱根駅伝でエントリーすらできなかった。 この状況を見てなのか、山梨学院大学は異例の2年連続留学生の補強を行った。新たに入ってきたのはボニフェス・ムルワ選手だった。入学直後の記録会で5000m14分06秒27を記録 ...

ReadMore

© 2022 ランサーチ