ブログ

箱根駅伝2021 中央大学のチームエントリー16人を予想!

 

箱根駅伝2021のチームエントリー16人を予想してみました!

 

今回は中央大学です。

ここ数年は箱根駅伝シードからも遠ざかっている状況です。

それでも今年は吉居選手の入学もあり、主力組が強化され、箱根駅伝予選会も2位で通過しました。山上りは畝選手がいるため、全区間大きく外すことがなければ久々のシード権は堅そうです。

過去の実績やトラック・ロードの持ちタイムを参考に予想してみました!

 

中央大学 チームエントリー予想

確実

 池田 勘太(4)

 畝 拓夢(4)

 大森 太楽(4)

 加井 虎造(4)

 川崎 新太郎(4)

 三須 健乃介(4)

 手島 駿(3)

 三浦 拓朗(3)

 森 凪也(3)

 中澤 雄大(2)

 園木 大斗(1)

 吉居 大和(1)

 

箱根駅伝予選会に出場した池田・畝・大森・加井・三須・手島・三浦・森・中澤・園木・吉居選手は、トラックでも好成績を残している選手も多く、誰が本戦を走っても大丈夫だと思います。特に、吉居・森・三浦選手には主要区間で他校のエース級と勝負してほしいです。

また、2・3年時に箱根駅伝出場を果たしている川崎選手も直近で5000mの自己ベストを更新しておりエントリー確実でしょう。

 

有力

 千守 倫央(2)

 若林 陽大(2)

 

故障から復帰した千守選手は、11月の記録会で5000m13分台の自己ベストを記録したことから箱根駅伝はエントリーしてくるでしょう。

昨年の箱根駅伝で6区山下りを担当した若林選手は、トラックのレースには出てきてませんが、山要員として故障してなければエントリー有力です。

 

当落線上

 矢野 侑人(4)

 井上 大輝(3)

 助川 拓海(2)

 田井野 悠介(2)

 伊東 大翔(1)

 中野 翔太(1)

 湯浅 仁(1)

 

残り2人を考えていきますが、この中だと1年生が強く、中野・湯浅選手が有力で、調子の良さだと中野選手ではなく伊東選手といった感じでしょうか。ロードの実績も考慮すると矢野選手も可能性があるかもしれません。

上位層が強く、山に目途が立っているため、中間層の出来が重要ではないかと思います。

-ブログ
-

© 2022 ランサーチ