ブログ

箱根駅伝2021 東洋大学のチームエントリー16人を予想!

 

箱根駅伝2021のチームエントリー16人を予想してみました!

 

今回は東洋大学です。

箱根駅伝は11年連続3位以内と近年安定した成績を残していましたが、昨年は10位で苦しいレースでした。

今年は全日本大学駅伝でまずまずのレースを見せ、西山選手が駅伝でも復活すれば上位を狙えると見ています。

過去の実績やトラック・ロードの持ちタイムを参考に予想してみました!

 

東洋大学 チームエントリー予想

確実

 大澤 駿(4)

 西山 和弥(4)

 蝦夷森 章太(3)

 腰塚 遥人(3)

 宮下 隼人(3)

 及川 瑠音(2)

 児玉 悠輔(2)

 清野 太雅(2)

 前田 義弘(2)

 九嶋 恵舜(1)

 佐藤 真優(1)

 松山 和希(1)

 

4年生の大澤・西山選手は、最終学年として昨年のリベンジを果たしてほしい。

3年生エース宮下選手は2年連続5区区間賞に期待。腰塚選手は全日本に続いて箱根デビューなるか。蝦夷森選手は昨年7区でしたが、今年も復路有力でしょう。

2年生の及川・児玉・清野・前田選手は、駅伝の長い距離でも結果を残せるか期待したいところです。

1年生の九嶋・佐藤・松山選手は今後チームを引っ張っていく選手としてエントリーは間違いないでしょう。

 

有力

 野口 英希(4)

 鈴木 宗孝(3)

 町 桟吾(2)

 

故障から復活した鈴木選手ですが、まだ100%ではないのが気がかりですが、全日本はエントリーを果たし、箱根エントリーにも入りそうです。

ここ最近の記録会で好成績を残した野口・町選手は、全日本エントリーには入らなかったものの、調子の良さからエントリー有力でしょう。

 

当落線上

 小田 太賀(4)

 田中 龍誠(4)

 田上 建(4)

 吉川 洋次(4)

 荒生 実慧(2)

 久保田 悠月(2)

 古川 隼(2)

 山田 和輝(2)

 家吉 新大(1)

 奥山 輝(1)

 

あと1人は怪我さえしていなければ吉川選手ですが、酒井監督の考え方として、下級生優先が根強いため、いくら実績があっても調子の悪さから4年生ということもありエントリーすら怪しいかもしれません。

上級生よりも下級生のエントリー確率が高いため、1・2年生の調子が良いとエントリーから番狂わせがあるかもしれません。

-ブログ
-

© 2022 ランサーチ