ブログ

箱根駅伝2021 早稲田大学のチームエントリー16人を予想!

 

箱根駅伝2021のチームエントリー16人を予想してみました!

 

今回は早稲田大学です。

昨年は予選会ギリギリの通過でしたが、2年ぶりにシード権を獲得できました。

今年は3年生を中心に、トラックの強さをロードに活かせるかがカギとなってくるでしょう。

過去の実績やトラック・ロードの持ちタイムを参考に予想してみました!

 

早稲田大学 チームエントリー予想

確実

 宍倉 健浩(4)

 太田 直希(3)

 千明 龍之佑(3)

 中谷 雄飛(3)

 山口 賢助(3)

 井川 龍人(2)

 小指 卓也(2)

 鈴木 創士(2)

 北村 光(1)

 菖蒲 敦司(1)

 辻 文哉(1

 諸冨 湧(1)

 

3年生主力組の太田・千明・中谷・山口選手は、本戦でも主要区間間違いなしでしょう。

2年生の井川・鈴木選手は、今年も出走しそうです。

1年生の北村・菖蒲・辻・諸冨選手の中から何人本戦に出場するかは分かりませんが、エントリーは間違いないでしょう。個人的な予想では、苦戦している6区は1年生の誰かの気がします。

さらに全日本大学駅伝エントリー外では、宍倉選手は昨年の実績と11月の記録会で復帰したことから、今年もエントリーは確実。小指選手は直近の記録会で5000m13分台を記録していることから、調子も良いため入ってくるでしょう。

 

有力

 半澤 黎斗(3)

 向井 悠介(3)

 室伏 祐吾(3)

 

3年生の準主力組の半澤・向井・室伏選手ですが、みな11月の記録会でトラックの自己ベストを更新しており、来年優勝争いしたいと考えると、エントリーされると思います。ただ、半澤選手はトラックタイプであるため、外される可能性もなくはないですが、選手層からしてそこまでの余裕はなさそうです。

 

当落線上

 住吉 宙樹(4)

 吉田 匠(4)

 安田 博登(2)

 栁本 匡哉(1)

 

あと1人を考えていきますが、まず故障していなければ吉田選手。昨年は箱根5区を出走し、今年も期待していたのですが、全日本大学駅伝にはエントリーされず。山対策で安全策をとったかもしれませんが、雰囲気的には箱根駅伝もエントリーは怪しいでしょう。

そうすると万全な中で実力が最もある住吉選手。4年生で唯一全日本大学駅伝エントリーを果たし、トラックの自己ベストを更新していることからエントリーしたいところですが、チーム事情的には来年以降に優勝争いしたいとなると、下級生中心で外されるかもしれません。下級生だと全日本大学駅伝エントリーも果たした栁本選手でしょう。

基本的には3年生中心のチームで、下級生がいかに結果を残せるかで来年以降が決まってきます。経験を積ませるためにも4年生のエントリーは少ない気がします。

-ブログ
-

© 2022 ランサーチ