ブログ

箱根駅伝2021 東京国際大学のチームエントリー16人を予想!

 

箱根駅伝2021のチームエントリー16人を予想してみました!

 

今回は東京国際大学です。

昨年は日本人エース伊藤選手と留学生の活躍が大きく、全日本・箱根で初のシード権獲得を果たしました。

今年は伊藤選手の卒業と主力の故障者が多いこともあり、箱根駅伝で連続シードを獲得できるかがカギでしょう。

過去の実績やトラック・ロードの持ちタイムを参考に予想してみました!

 

東京国際大学 チームエントリー予想

確実

 内田 光(4)

 加藤 純平(4)

 佐伯 涼(4)

 イエゴン ヴィンセント(2)

 丹所 健(2)

 堀畑 佳吾(2)

 宗像 聖(2)

 山谷 昌也(2)

 ルカ ムセンビ(2)

 

全日本大学駅伝出走メンバーの内田・加藤・佐伯・丹所・堀畑・宗像・山谷・ムセンビ選手は故障さえその後していなければエントリー確実です。

昨年の箱根駅伝3区区間新記録のヴィンセント選手は故障で全日本を外れたとも言われていますが、重傷ではなさそうであること、また昨年の実績からして少しでも間に合いそうならエントリーには入れることから確実と見ています。

 

有力

 荒井 雄哉(4)

 栗原 卓也(4)

 杉崎 翼(4)

 

4年生の全日本大学駅伝エントリーメンバーで、ハーフマラソン自己ベスト4分台の荒井・栗原・杉崎選手は今年のチーム事情からするとエントリーの確率は高いと見ています。主力全員が万全なら1年生も登録したいため外れてくる可能性もあるかもしれませんが。

 

当落線上

 草場 大地(4)

 熊谷 真澄(4)

 中島 哲平(4)

 渡邊 和也(4)

 芳賀 宏太郎(3)

 渡邉 正紀(3)

 林 優策(1)

 麓 逸希(1)

 川端 昇大(1)

 村松 敬哲(1)

 

確実・有力で12人で、残り4人を考えていきますが、まずは中島・芳賀選手。日本人エース級の2人は故障さえなければ間違いなく入ってくるのですが、今年記録会にも出ておらず、そもそも今年のチームで全日本エントリーを外されるくらいと考えると厳しいのかなと考えています。

先の3人がエントリーされないと考えると、4年生で全日本大学駅伝エントリーを果たした草場・熊谷選手のエントリー確率は高いと見ています。

そして残り2人は1年生2人が有力と見ています。5000mの持ちタイムは4人ともほぼ同じなため、誰がエントリーされるかは何とも言えませんが、順番でじゃ林・麓選手となります。

全日本大学駅伝でエントリーされなかった主力が何人登録できるかがカギとなるでしょう。

-ブログ
-

© 2022 ランサーチ