ブログ

箱根駅伝2021 駒澤大学のチームエントリー16人を予想!

 

箱根駅伝2021のチームエントリー16人を予想してみました!

 

今回は駒澤大学です。

昨年は1区から流れに乗れず、シード権獲得で精一杯でした。

今年は全日本大学駅伝で久々に優勝を果たし、長い距離への対応かつ中間層のレベルが上がっていれば箱根駅伝も優勝できる可能性があります。

過去の実績やトラック・ロードの持ちタイムを参考に予想してみました!

 

駒澤大学 チームエントリー予想

確実

 伊東 颯汰(4)

 加藤 淳(4)

 小林 歩(4)

 石川 拓慎(3)

 酒井 亮太(2)

 田澤 廉(2)

 山野 力(2)

 鈴木 芽吹(1)

 花尾 恭輔(1)

 

全日本大学駅伝MVPで大エースの田澤選手は言うまでもなく入ってきますが、本戦は2区か3区か。

全日本大学駅伝出走組の伊東・加藤・小林・酒井・山野・鈴木・花尾選手も間違いなく入ってくると思います。

また、昨年の箱根駅伝10区を走った石川選手も大丈夫でしょう。

 

有力

 小島 海斗(4

 神戸 駿介(4)

 佃 康平(3)

 花崎 悠紀(3)

 赤津 勇進(1)

 

昨年の箱根駅伝を走った小島・神戸選手については、全日本大学駅伝は故障の影響でエントリーされませんが、どうやら箱根駅伝に合わせて来てるようなのでエントリーされそうです。特に小島選手はいつも箱根駅伝に合わせるのが上手なので、主要区間で期待したいところです。

佃選手は、昨年の箱根駅伝・今年の全日本大学駅伝でエントリーを果たし、今回の箱根駅伝もエントリー有力です。

花崎選手は、3000SCが得意なこともあり、山のバックアップ要員でのエントリーが有力です。

そして元気な1年生の中でもトラックの持ちタイムが良い赤津選手も箱根駅伝エントリーされそうです。

 

当落線上

 江口 大雅(4)

 蓮沼 直希(3)

 小野 恵崇(2)

 中島 隆太(2)

 皆木 晴(2)

 赤星 雄斗(1)

 唐澤 拓海(1)

 白鳥 哲太(1)

 中洞 将(1)

 

確実・有力で14人で、残り2人ですが、下級生優先で皆木・唐澤選手でしょうか。2人とも全日本大学駅伝エントリーを果たしており、他の選手よりもエントリー確率は高いと見ています。

全日本大学駅伝エントリーされなかった中では中島選手や赤星選手に可能性があると見ていますが、全日本大学駅伝エントリーされた江口・蓮沼選手とともに16人だとやや厳しいのかなと思います。

-ブログ
-

© 2022 ランサーチ