ブログ

箱根駅伝2021 区間エントリーを踏まえての区間賞予想は?(復路編)

2021年1月2・3日に開催される第97回箱根駅伝区間エントリーが12月29日に発表されました。

本記事では箱根駅伝出場校の区間エントリーから当日の出走者を予想し、各区間の区間賞を予想していきます。

なお、当日変更の予想も踏まえて予想しています。

 

区間エントリーおよび当日変更予想はこちら↓

箱根駅伝2021 区間エントリー発表!各大学の戦力分析と当日変更予想は?

◎箱根駅伝公式サイト

 

本記事の著者

24才 ランニング歴5年
箱根駅伝は小学生の頃から毎年見ており、初代山の神今井正人選手の活躍から知っている
ハーフのPB:1時間25分28秒
フ ルのPB:3時間37分59秒

 

箱根駅伝2021 各区間の区間賞予想(復路)

6区

◎髙橋 勇輝(青山学院大学)

○島﨑 慎愛(國學院大學)

△前田 舜平(明治大学)

 

6区は昨年の区間1~6位が不在で、誰が区間賞を取ってもおかしくない激戦区間でしょう。

本命は箱根駅伝初出場にはなりますが髙橋選手でしょうか。青山学院大学はここ数年6区で好成績を残しており、昨年の谷野選手よりスピードがあると考えると有力でしょう。

それを追う候補は昨年区間7・8位の前田選手島﨑選手でしょう。2人とも今年も順調にきており、天候が良ければ昨年よりタイムを短縮してくるでしょう。

その他では国士舘大学曽根選手、中央大学若林選手の可能性がありそうです。意外と往路で成績が悪かったチームが序盤から飛ばして区間賞を取るかもしれませんね。

 

7区

◎石井 一希(順天堂大学)

○富田 峻平(明治大学)

△近藤 幸太郎(青山学院大学)

 

7区は青山学院大学の近藤選手の出走は確実ですが、その他有力校が誰を置いてくるか不透明な部分があります。

区間賞候補筆頭は石井選手でしょうか。西澤選手の可能性もありますが、どちらが来ても区間賞を取る力があります。

追うのは今シーズン絶好調の富田選手でしょうか。明治大学も誰が来るか不透明ですが、こちらも誰がきても区間賞候補でしょう。

また近藤選手も全日本大学駅伝ではブレーキでしたが、その後の記録会で調子を上げており期待されます。

その他では東海大学濵地選手、東洋大学蝦夷森選手などが有力でしょう。

 

8区

◎岩見 秀哉(青山学院大学)

○竹村 拓真(東海大学)

△鳥飼 悠生(帝京大学)

 

8区は昨年区間2・3位の岩見・鳥飼選手がエントリーされ、その他大学も実力者のエントリーがあるためレベルが高そうです。

本命はやはり昨年1秒差で逃した岩見選手でしょう。青山学院大学としてはここで優勝を決定づけられればと目論んでいるでしょう。

追うのは竹村選手でしょうか。上りの実力はかなりあるので、後半勝負なら区間賞最有力です。

また鳥飼選手も実力を上げてきており、調子さえ良ければ区間賞争い間違いなしです。

その他は駒澤大学伊東選手、早稲田大学千明選手などが有力です。優勝候補のチームに実力者が揃っているので、この区間での結果が勝負を左右しそうです。

 

9区

◎神林 勇太(青山学院大学)

○櫛田 佳希(明治大学)

△石津 佳晃(創価大学)

 

9区は主要大学が伏せてきており全く読めません。誰がエントリーされるかで区間賞候補が変わってきます。

本命はエントリーされれば神林選手でしょう。神林選手が9区なら他大学と1分差以上は固く、天候次第で区間新記録を狙えそうです。

追うのが櫛田選手でしょうか。往路でのエントリーの可能性も高いですが、9区なら得意の後半勝負で区間賞を狙えそうです。

また現時点でのエントリーでは昨年も走った石津選手が有力です。創価大学は今年もここで区間賞争いかもしれませんね。

その他候補は國學院大學木付選手や早稲田大学山口選手あたりでしょうか。誰がエントリーされても主力級が区間賞候補になるでしょう。

 

10区

◎嶋津 雄大(創価大学)

○増田 空(帝京大学)

△宍倉 健浩(早稲田大学)

 

10区は昨年の経験者が区間賞候補になってきそうです。

本命はやはり昨年の区間賞嶋津選手。今年もシード権ギリギリなら快走が求められるでしょう。

追うのが増田選手。昨年2位の吉野選手の後継者としては実力は十分すぎるくらいあります。

そして宍倉選手もトラックでの実力を伸ばしており、スパート力も期待されます。

その他だと駒澤大学石川選手、青山学院大学湯原選手などが有力でしょう。アンカーは試合展開によって走り方が変わってくるので、実力通りに区間賞が決まらないのは面白いですね。

-ブログ

© 2022 ランサーチ