ブログ

第32回全国高校女子駅伝の結果

 

2020年12月20日()第32回全国高校女子駅伝が開催されました。

 

リンク:全国高校駅伝公式ホームページ

 

総合結果

順位 チーム(高校) 都道府県 タイム
優勝 世羅 広島 1時間07分13秒
2位 神村学園 鹿児島 1時間07分38秒
3位 仙台育英 宮城 1時間07分48秒
4位 北九州市立 福岡 1時間08分08秒
5位 立命館宇治 京都 1時間08分19秒
6位 須磨学園 兵庫 1時間08分28秒
7位 大阪薫英女学院 大阪 1時間08分51秒
8位 学法石川 福島 1時間09分15秒
9位 常磐 群馬 1時間09分27秒
10位 興譲館 岡山 1時間09分35秒
11位 成田 千葉 1時間10分00秒
12位 千原台 熊本 1時間10分16秒
13位 安城学園 愛知 1時間10分22秒
14位 小林 宮崎 1時間10分36秒
15位 西京 山口 1時間10分39秒
16位 昌平 埼玉 1時間10分42秒
17位 諫早 長崎 1時間10分48秒
18位 青森山田 青森 1時間10分53秒
19位 宇都宮文星女子 栃木 1時間10分58秒
20位 長野東 長野 1時間11分02秒
21位 神奈川 1時間11分19秒
22位 大分東明 大分 1時間11分39秒
23位 白石 佐賀 1時間11分41秒
24位 錦城学園 東京 1時間11分45秒
25位 平田 島根 1時間11分57秒
26位 鯖江 福井 1時間12分03秒
27位 山梨学院 山梨 1時間12分25秒
28位 常葉大菊川 静岡 1時間12分28秒
29位 美濃加茂 岐阜 1時間12分33秒
30位 八幡浜 愛媛 1時間12分38秒
31位 茨城キリスト 茨城 1時間12分43秒
32位 富山商業 富山 1時間12分46秒
33位 星稜 石川 1時間12分53秒
34位 智弁和歌山 和歌山 1時間12分55秒
35位 智弁カレッジ 奈良 1時間12分58秒
36位 山田 高知 1時間13分07秒
37位 比叡山 滋賀 1時間13分29秒
38位 旭川龍谷 北海道 1時間13分38秒
39位 山形城北 山形 1時間13分43秒
40位 盛岡誠桜 岩手 1時間13分59秒
41位 新潟明訓 新潟 1時間14分56秒
42位 鳥取城北 鳥取 1時間16分21秒
43位 富岡東 徳島 1時間16分25秒
44位 秋田北鷹 秋田 1時間16分25秒
45位 津商業 三重 1時間17分23秒
46位 高松工芸 香川 1時間18分44秒
47位 名護 沖縄 1時間20分11秒

 

結果としては、世羅高校アンカーのムッソーニ選手がレベルの違う走りをして5年ぶり2度目の優勝に導いたといえます。

世羅高校は1区山際選手が4位でいい流れを作り、2~4区が粘ったのも大きかったでしょう。

2位の神村学園高校は1・2区の出遅れが痛かった。3・4区で追い上げて5区シンシア選手で首位に立ちましたが、序盤さえ良ければと思わざる得ませんでした。

3位の仙台育英高校は1区から流れを作り、安定していたといえます。ただ優勝を目指すという観点では、小海選手が本調子でなかったことと5番手がもう少し力があればといったところでしょう。

4位以下では北九州市立高校が1区酒井選手の流れを生かし4位に入ったこと、学法石川高校が初の入賞を果たしたのが印象的でした。

個人結果

<1区(6km)>
区間 選手名・学年 チーム(高校) タイム
1位 酒井 美玖(3) 北九州市立 19分18秒
2位 山中 菜摘(2) 仙台育英 19分40秒
3位 三原 梓(3) 立命館宇治 19分41秒
4位 山際 夏芽(3) 世羅 19分48秒
5位 村岡 美玖(1) 長野東 19分51秒
6位 星野 輝麗(3) 常磐 19分51秒
7位 磯部 早良(2) 安城学園 19分54秒
8位 小坂井 智絵(3) 成田 19分56秒

酒井選手がトラックから飛び出し、単独走で2位以下と大差をつけた走りはタイム以上の強さが感じられました。

山中選手は三原選手に最後勝ったのは自信になったでしょう。また、長野東の村岡選手は1年生ながら区間5位で将来に期待できます。

<2区(4.0975km)>
区間 選手名・学年 チーム(高校) タイム
1位 W・エスター(2) 興譲館 12分23秒
2位 細谷 愛子(1) 立命館宇治 12分50秒
3位 道清 愛紗(2) 須磨学園 12分52秒
4位 並木 美乃(2) 常磐 12分58秒
5位 山崎 りさ(3) 成田 13分04秒
6位 山田 未唯(1) 宇都宮文星女子 13分07秒
7位 柳井 綾音(2) 北九州市立 13分08秒
7位 杉森 心音(1) 仙台育英 13分08秒

流石にエスター選手はレベルが違いました。

細谷選手が1区三原選手の流れを生かし、2位浮上したのはその後のレース展開的に大きかったでしょう。

<3区(3km)>
区間 選手名・学年 チーム(高校) タイム
1位 中須 瑠菜(3) 神村学園 9分37秒
2位 福永 愛佳(3) 須磨学園 9分38秒
3位 西澤 茉鈴(1) 大阪薫英女学院 9分46秒
4位 小海 遥(3) 仙台育英 9分54秒
5位 小島 彩乃(2) 学法石川 9分57秒
5位 仁科 玲美(1) 長野東 9分57秒
7位 戸田 彩矢奈(1) 北九州市立 9分59秒
8位 中地 こころ(3) 立命館宇治 10分00秒
8位 小山 愛結(2) 安城学園 10分00秒
8位 大坪 沙代(3) 小林 10分00秒

2区までの悪い流れを断ち切った中須選手の走りは、昨年の悔しさを晴らしたといえるでしょう。

福永選手はトップに並ぶ好走でした。

<4区(3km)>
区間 選手名・学年 チーム(高校) タイム
1位 鳥居 華(3) 神村学園 9分15秒
2位 明貝 菜乃羽(2) 大阪薫英女学院 9分20秒
3位 瀬川 藍(1) 立命館宇治 9分23秒
3位 山下 彩菜(2) 千原台 9分23秒
5位 加藤 美咲(3) 世羅 9分26秒
6位 佐藤 瑠香(1) 学法石川 9分27秒
7位 吉原 あかり(2) 仙台育英 9分29秒
8位 菅原 桜(2) 常磐 9分31秒

鳥居選手も中須選手の流れを生かし、神村学園が連続区間賞を獲得しました。

瀬川選手はトップに立つ好走で、4区終了時点では立命館宇治か神村学園の優勝かと思われましたが‥

<5区(5km)>
区間 選手名・学年 チーム(高校) タイム
1位 T・ムッソーニ(3) 世羅 14分37秒
2位 B・シンシア(3) 神村学園 15分25秒
3位 米澤 奈々香(2) 仙台育英 15分37秒
4位 S・カモソ(1) 大分東明 16分03秒
5位 野田 真理耶(1) 北九州市立 16分05秒
6位 村松 灯(3) 立命館宇治 16分25秒
6位 石松 愛朱加(2) 須磨学園 16分25秒
8位 小島 さくら(2) 学法石川 16分26秒

は区間新記録

 

ムッソーニ選手の区間記録は今後しばらく破られないでしょう。

シンシア選手は序盤飛ばしすぎたかもしれませんが、それでも素晴らしい記録。

米澤選手はよく粘り、チームの表彰台に貢献したでしょう。

 

まとめ

今年は特に留学生の力が大きかった気がします。ムッソーニ選手は高校レベルを超えてました。

仙台育英高校は日本人だけでよく頑張ったといえるでしょう。

神村学園高校は3年生主体だったので、来年以降どうなるかが気になりますね。

 

-ブログ