ブログ

箱根駅伝2021 法政大学の区間エントリー予想!

チームエントリーを踏まえて各大学のオーダー予想をしていきます!

 

今回は法政大学です。

オーダー予想のポイントは以下の3点です。

1 課題の1区は誰?

2 青木選手が卒業した5区は?

3 久納選手は間に合うのか?

 

法政大学区間エントリー予想

 1区 松本 康汰(2)★

 2区 鎌田 航生(3)

 3区 川上 有生(2)★

 4区 河田 太一平(2)

 5区 清家 陸(3)

 6区 宗像 直輝(1)

 7区 田辺 佑典(4)

 8区 稲毛 崇斗(1)★

 9区 中園 慎太朗(2)★

10区 糟谷 勇輝(4)★

 補員 奥山 智広(4)

    古海 航(4)

    須藤 拓海(4)

    久納 碧(3)

    中光 捷(3)

    徳永 裕樹(2)

★は当日変更で入る区間の予想

 

昨年はエース佐藤敏也選手の欠場もあり、4年ぶりにシード権を落としました。

青木・坪井選手の山コンビも卒業し、予選通過すら危ぶまれましたが、なんとか予選通過を果たしました。

新たな山区間の選手を試さなければ分からないのは不安ですが、本戦に強い法政大学が帰ってくればシード権獲得もあり得ます。

1区松本選手でしょう。今シーズン急成長を果たし、スピードもついてきたので期待です。

2区鎌田選手です。昨年の箱根時点ではエース区間では力不足感がありましたが、その後一気に他校のエースと戦えるレベルとなりました。

3区は川上選手か中園選手でしょうか。急成長の川上選手に託すか、昨年の経験を生かしての中園選手かは監督の好みではないでしょうか。

4区河田選手です。昨年は1年生ながら区間8位と結果を残し、今年はもう少し上位で襷をもらえればさらに結果を残しそうです。

5区清家選手が立候補しました。予選会はチーム2番手と平地の実力は十分なので、あとは上りに強いかが気になります。

6区宗像選手でしょうか。スピードタイプであること、佐藤敏也選手の再来を狙って下級生に賭けてくる気がします。

7区は田辺選手か久納選手が有力です。どちらも予選会を走っていませんが、久納選手が本調子でなさそうな分田辺選手が有力でしょう。

8区は1年生の稲毛選手でしょうか。一昨年・昨年と1年生が出走しており、育成区間ともいえます。

9区は中園・川上・奥山選手でしょう。実はここ3年間区間1ケタで相性がよいため、今年も期待したいところです。

10区はキャプテン糟谷選手が最初で最後の箱根駅伝となりそうです。ハーフマラソン3分台と実力的にはいまだ三大駅伝に出場していないのが意外なくらいです。

 

まとめ

1・2区で躓かなければ、清家選手次第では往路10位以内もあり得そうです。

やや復路は厳しい気がしますが、貯金を守る走りをできそうな選手が多い気がします。

予選通過はギリギリでしたが、本戦に強い法政大学を見せつけてほしいですね!

-ブログ
-

© 2022 ランサーチ