ブログ

箱根駅伝2021 明治大学のチームエントリー16人を予想!

 

箱根駅伝2021のチームエントリー16人を予想してみました!

 

今回は明治大学です。

高校時代から実績のある選手が入学してきても、なかなか結果が出ない数年間でしたが、昨年は久々のシード権を獲得しました。

今年は全日本大学駅伝で3位に入り、選手層が厚いことから箱根駅伝でも3位以内を目指せると思います。

過去の実績やトラック・ロードの持ちタイムを参考に予想してみました!

 

明治大学 チームエントリー予想

確実

 小袖 英人(4)

 前田 舜平(4)

 村上 純大(4)

 金橋 佳佑(3)

 鈴木 聖人(3)

 手嶋 杏丞(3)

 富田 峻平(2)

 加藤 大誠(2)

 櫛田 佳希(2)

 児玉 真輝(1)

 

全日本大学駅伝出走組の小袖・金橋・鈴木・手嶋・加藤・櫛田・児玉選手はエントリー間違いなさそうです。

昨年の箱根駅伝6区の前田選手、9区の村上選手は今年も必ず必要になってくる選手です。

さらに全日本大学駅伝後の記録会でチームトップの記録を残した富田選手ではハーフマラソン2分台の自己ベストを持つことからエントリーされるでしょう。

 

有力

 大保 海士(4)

 長倉 奨美(4)

 漆畑 瑠人(2)

 

全日本大学駅伝に出場し、好成績を残した大保選手は、スタミナ面から箱根駅伝に出場できるかは微妙ですが、16人には入ってきそうです。

ハーフマラソン3分台前半の自己ベストをもち、トラックも次々と自己ベストを更新している長倉選手は最初で最後の三大駅伝出場できるか。

11月の記録会で5000mチーム内2位だった漆畑選手も調子の良さからエントリー有力でしょう。

 

当落線上

 酒井 耀史(4)

 樋口 大介(4)

 橋本 大輝(3)

 丸山 幸輝(3)

 小澤 大輝(2)

 安部 柚作(1)

 杉 彩文海(1)

 

確実・有力で13人で残り3人ですが、特に主力級の故障者もいないため、当落線上の中から若さを考慮した現在の実力順で選ばれる気がします。そうすると小澤・安部・樋口選手でしょうか。

16人に選ばれるだけでもそこそこ大変ですが、それ以上に本戦の10人に入れるかの競争が激しいかと思われます。

-ブログ
-

© 2022 ランサーチ