ブログ

箱根駅伝2021 創価大学のチームエントリー16人を予想!

 

箱根駅伝2021のチームエントリー16人を予想してみました!

 

今回は創価大学です。

昨年は予選会を5位で通過し、箱根本戦では10区で逆転し初めてシード権獲得しました。

今年は箱根予選会も全日本大学駅伝も箱根駅伝出場校では唯一なかったため、読めない部分が多くあります。ただ、トラックでは自己ベストを更新している選手も多いため、連続シードの期待はあります。

過去の実績やトラック・ロードの持ちタイムを参考に予想してみました!

 

創価大学 チームエントリー予想

確実

 石津 佳晃(4)

 鈴木 大海(4)

 原富 慶季(4)

 福田 悠一(4)

 嶋津 雄大(3)

 永井 大育(3)

 三上 雄太(3)

 葛西 潤(2)

 フィリップ ムルワ(2)

 桑田 大輔(1)

 吉田 悠良(1)

 

4年生は、日本人エースの福田選手は絶好調で、今年も準エース区間4区での活躍が期待されます。また、昨年の箱根駅伝を出走した石津・原富・鈴木選手はエントリー間違いないでしょう。

3年生は、前回大会10区で逆転のシード内への走りを見せた嶋津選手には今年も期待したい。三上選手は山登りレースイベントで他校の選手に勝利したことから、5区での活躍が期待できます。ハーフマラソン3分台の自己ベストを持つ永井選手もエントリーを果たすでしょう。

2年生は、留学生ムルワ選手の駅伝デビューに期待です。葛西選手は調子が読めませんが、エントリーはしてくるでしょう。

1年生は10000mで29分10台の自己ベストを記録した桑田・吉田選手はエントリーするでしょう。

 

有力

 濱野 将基(2)

 横山 魅哉(2)

 山森 龍暁(1)

 

故障に悩まされきた濱野選手はようやく調子が上がってきて、エントリーもされそうな状況です。

横山・山森選手は、長い距離にどこまで対応できるかが分かりませんが、トラックの実力からすると16人には入りそうです。

 

当落線上

 鈴木 渓太(4)

 中村 真一郎(4)

 松本 直樹(4)

 右田 綺羅(4)

 小野寺 勇樹(3)

 中武 泰希(3)

 新家 裕太郎(2)

 石井 大輝(1)

 

確実・有力で14人で、残り2人を考えていきますが、状態が最も不明なのが右田選手。昨年の箱根駅伝は7区を走りましたが、怪我なのか今年はトラックにも出てきません。10000m28分台は貴重ですが、エントリーすら厳しいと言わざるを得ません。

そして当落線上の中から2人選ぶのは、3年生の小野寺・中武選手。10000m29分台前半であることから、他選手よりは有利かと思います。

山上りは三上選手ですが、下りは誰か読まない部分もあるため、ここまで挙げて来なかった選手のエントリーも可能性としては結構あるかもしれません。

-ブログ
-

© 2022 ランサーチ