ブログ

箱根駅伝2021 帝京大学のチームエントリー16人を予想!

 

箱根駅伝2021のチームエントリー16人を予想してみました!

 

今回は帝京大学です。

近年はシード常連校になりつつあり、前回もアンカーで3位争いを繰り広げるなどロードに強い帝京大学となっています。

今年も選手層は厚く、鬼門の山さえ乗り越えれば初の3位も見えてくるでしょう。

過去の実績やトラック・ロードの持ちタイムを参考に予想してみました!

 

帝京大学 チームエントリー予想

確実

 小野寺 悠(4)

 谷村 龍生(4)

 鳥飼 悠生(4)

 星 岳(4)

 増田 空(4)

 山根 昂来(4)

 遠藤 大地(3)

 中村 風馬(3)

 橋本 尚斗(3)

 細谷 翔馬(3)

 

小野寺・遠藤・星選手は箱根でも実績があり、今年も往路主要区間でしょう。

4年生の谷村・鳥飼・増田選手も山を含めて出走有力です。

ここまで三大駅伝出走のない山根選手もロードに対応しており、個人的には6区山下りを任せてみたい選手です。

さらに3年生の中村・橋本・細谷選手も十分な力があり、橋本・細谷選手は箱根駅伝初出場が有力です。

 

有力

 日野原 智也(4)

 森田 瑛介(3)

 安村 晴樹(3)

 小野 隆一朗(1)

 

ハーフマラソンは3分0台、30kmの大会でもまずまずだった日野原選手は9・10区の出走に向け全日本を回避していたと思われます。

小野選手は期待の即戦力ルーキーですが、全日本を見る限り長い距離への対応はまだまだな気がしますが、エントリーの可能性は高いでしょう。

森田選手は今年調子が良さそうなので、全日本同様エントリーはされそうです。

そして鬼門の5区山登りの秘密兵器安村選手。あとはある程度のスピードが身についていれば、実績を問わず起用の可能性が高いかもしれません。

 

当落線上

 吉田 律哉(4)

 寺嶌 渓一(3)

 三原 魅人(3)

 新井 大貴(2)

 北野 開平(2)

 西脇 翔太(1)

 

残り2人を考えていきますが、まずは新井選手。ハーフマラソン3分台の自己ベストを持ち実力は十分ですが、全日本のエントリーに入らなかった理由が思い浮かばないのが気がかりです。箱根一本で来ていたならエントリー間違いなしですが、故障の可能性もあります。

もう1人は西脇選手。ここまでは上級生が大半を占めているため、調子のよい下級生のエントリーを考えてます。西脇選手は11月の記録会で自己ベストを出したことから、エントリーに滑り込みのではと思います。

故障者がいれば、基本は上級生な気がします。今年はロードレースが少なく、下級生に実績経験を積ませられなかったことから、元から実績のある選手をエントリーしそうな気がします。

-ブログ
-

© 2022 ランサーチ